FC2ブログ

コラム コロナ禍からの音楽活動

もともと僕はマイペースと言うか怠慢な性格で、コロナ以前から気が向いたらライブ、気が向いたら録音とマイペースにのんびり活動してまして、どちらかというとコロナ過から動画をあげたり、録音したりマメになったりして、コロナ以前の音楽活動がいかに恵まれていたかを痛感してる次第です。
アフターコロナから、もし元の世界に元どうり戻るなら、あのライブもこのライブも出演してますね…(笑)
そもそも僕が音楽を志した80年代は音楽が儲かる時代でした。
それがデジタルデータの登場以来、音源そのものは価値を失い、ライブで、わずかな余禄でしか収入を作ることが難しいことになり、会場のレンタル料も年々高騰し、上手くやらないと出演した方が赤字になり、活発に活動すればするほど借金が増えて音楽どころでは無くなり、バイトが本業化して貧困中高年の一丁出来上がりのリスクと隣り合わせ…
頼みの綱のバイトもコロナ禍で無くなり…、隣人は皆、コロナサバイバルで自分の事でせいっいぱい…
今、僕も音楽を生業にしてるので、いつ転んでもおかしくないのですが、このコロナ禍をサバイバルする事にかけるしかありません、と言うか…しょうがないですね…(笑) それでも音楽が好きなんだから…。
音楽のアフターコロナがどういうものになるかは分かりませんが、僕なりに予想してみたいと思います。
高度経済成長期から続いてしまった重厚長大路線がリッセットされて、よりミニマムな音楽にシフトされると思います。
アンサンブルも、よりレスなソロやディオ、トリオになって行くと思います。
もちろんデジタル配信がより活発化して、ライブ配信も一般化して行くと思います。(今のライブ会場の中継スタイルではなく、ラジオのスタジオライブのようなスタイルで)ディープエフェクトのアバターが普及すれば音声だけの配信になるかもしれません…。(クラブハウスのようなアプリでのライブ?)
EDMやコンピューターミュージックへの依存。
もちろん従来通りのオフラインでのライブも必ず残ると思いますが、SNSやデジタルコンテンツでのプロモーション活動への比重が益々ますと思います。
今年度には5G環境が一般化する予定です、僕のやってるリモートレッスンも、よりオフラインに近くなるとおもいます。
従来型にこだわってしまうと悲観的な面も否めない予想ですが、どのようなアフターコロナになっても必ずいい音楽が発生して活動します、音楽に終わりは無いと信じています。




プロフィール

ハモニカ ヒロ

Author:ハモニカ ヒロ
クロマチックハーモニカ&ブルースハープ、ギターもちょっとねのリモートレッスン、受け付けてます、ご興味のある方は体験無料ですのでお問い合わせください。ワンレッスン3~40分・3千円ほどです.よろしくお願いいたします。お手数ですがメールフォームからメールお待ちしております。(件名にレッスン問い合わせと明記してお送り下さい。)YouTubeハモニカヒロもよろしくです。

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ありがとうございます。

最新コメント

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

フリーエリア