• ドレミのメジャー ラシドのマイナー 
    ドレミファソラシドのメジャースケール音階は、全音と半音が(全全半全全全半)と並んでいるのですが、マイナースケール音階は(全半全全半全全)となります。ドレミのⅭメジャースケール(ハ長調)を順に並べていき、1度の音(ド)から読んでいくとドレミファソラシドのメジャー音階(全全半全全全半)ですが、6度の音(ラ)から読んでいくと(全半全全半全全)の並びになり(チュラルマイナースケール)になります。ラから始ま... 続きを読む
  • 楽譜の読み方 曲のkey 調って、なに?
     カラオケでお馴染みの曲のキー,なんですが、日本語で調といいます。高く歌いたいや、もう少し低く歌いたいなんて時なんてキーを変えたりしますよね、アレです(^∇^)ノギターの弾き語りの時は「カポ」なんて道具をギターのネックに付けて、そのままのコードフォームでキーを変えていき、大変便利です。ブルースハープなんて、その曲のキーに合わせてハーモニカ自体のキーを選択するので、吹くポジションさえ変わりません。(ブルー... 続きを読む
  • 楽譜の読み方 音名 音高 度数
    いつもブログ閲覧ありがとうございます、今回はドレミの記事です。まず音名についてなんですが、ドレミファソラシドってイタリア読みなんです。これを統一してもらいたいのですが、そうするといろいろ不具合が出てきまして…。その辺も追い追いまた。ドレミファソラシって、英語読みではCDEFGAB、日本語読みでは、ハニホヘトイロなんです、日本の音楽教育では何でも日本語にするのですが、ジャズなどのポピュラーなどは、や... 続きを読む
  • 楽譜の読み方 連符の特殊な状態
    連符の特殊な状態は、ジャズをはじめポップスの演奏にはよく出てきますので、押さえておきましょう。代表的で応用的なものを紹介したいと思います。まずは、4分音符と8分音符を3連でつないだものですが、シャッフルとも言われています。4分音符をタン,8分音符タで読むと、たして「タン・タ」です、それを3連でつなぐので、8分音符3つで読むと「タタタ」です、この3連感で「タン・タ」を読んでみましょう、なにか弾んだ感... 続きを読む
  • 楽譜の読み方 ハモニカヒロ流、初心者のための独習方法 その4 連符
    いつもブログ閲覧ありがとうございます。今回も楽典を片手にお付き合いください。今回は連符について、ご説明したいと思います。通常4/4の楽譜なら、オタマジャクシは全音符の半分の2分音符。2分音符の半分は4分音符と等分出来ます、しかしそれ以外に(オタマジャクシ単体を単純音符と言うのですが)オタマジャクシ単体を3,5,6、…等分に、付点音符2,4,5、…等分する場合があります。連符は等分した数によって2連符... 続きを読む